ダイビングスーツの選び方

海水浴ではたいてい水着になります。ダイビングも海に入るという意味では同じですから水着で出来そうですが、実はそうではありません。例えば熱帯の水温が高い地域で、かつ岩場や珊瑚などによって怪我をする可能性がほとんどないということであれば、水着のみで潜水することも可能かもしれませんが、通常のスクーバダイビングにおいては、やはりダイビングスーツを着用するというのが一般的です。

Rescue Diver

ダイビングスーツは大きく分けて、ドライスーツとウェットスーツの2種類があり、さらにウェットスーツの一形態としてセミドライスーツというものがあります。どれもスクーバダイビングに適したスーツとして開発されおり、それぞれに特徴があります。当然、自分のダイビングスタイルや体型、ダイビングポイントに合ったものをチョイスするというのがベストなのですが、ここではまずスーツごとの特徴を簡単に見てみましょう。



ドライスーツはその名の通り、生地に極めて高い防水加工処理が施されており、内部へ水が浸入することを防いでいます。当然、体とスーツの隙間に空気の層が出来、これによって保温性を保っているというわけです。逆に気温、水温が高い時期、地域ではサウナスーツのようになってしまいますが、透明度の上がる秋や冬などのダイビングにおいては絶対的な優位性があります。水の侵入を防ぐため、手首や首周りのシーリングを綿密に行う必要があり、いわゆる潜水服などもドライスーツの一種です。

Piedmont Diving and Rescue Association

ウェットスーツは身体に密着する形状がより強調されたスーツで、内部に海水が流入することが前提となっています。しかし、身体に密着していることが海水の流入を最小限度に抑えるだけでなく、侵入した海水が体温で温められることで保温効果を生み出す仕組みになっています。生地の厚さもバリエーションがあり、ダイビング用のものは3センチから7センチ程度と言われています。薄ければそれだけ運動性能が上がる反面、保温力は失われます。注意すべきは、身体に密着している割合が低いと、その分海水の出入りを容易にしてしまうため、保温性能が失われてしまうということでしょう。また、スタイルのバリエーションも豊富で、ワンピース型、シーガル型、ロングジョン型などあり、それらを組み合わせて着用することも出来ます。セミドライスーツはウェットスーツの手首などをシーリングすることで、海水の流入を最小限に留め、保温力を高めたものです。