ブライダルプランナーについて

ブライダルプランナー、ウェディングプランナー、ブライダルコーディネーター。他にもさまざまな呼び名があるようですが、結婚式そのもののプランニングを主な仕事として、新郎新婦をあらゆる面で支え、ときにはアドバイザーとして、ときにはプロデューサーとして、提案、手配、費用調整、当日のアテンドにいたるまで、結婚式の全てをトータルプロデュースする人のことを呼ぶそうです。

Destination Weddings & Honeymoons - Apple Vacations

最近、婚礼業界は不況のあおりをモロに受け、非常に厳しい状況に立たされているといわれます。実際に、厚生労働省の人口動態総覧によれば、結婚したカップルの約半数が、結婚式を挙げない、いわゆる「ナシ婚」であるという調査結果もあるほどなのです。

ひと昔前までならば、挙げるのが当然であった結婚式がそうではなくなっていった背景には、やはり費用の問題があると言われています。決して安くはない金額を投じるだけの意味を、結婚式に見出すことが出来なくなってきている、あるいは親の援助が受けられなくなってきているといった経済的理由が、最も大きいということでしょう。



そんな状況のなか、ブライダルプランナーという仕事がにわかに注目を集めはじめました。テレビドラマなどの題材ともなり、一部のフリーのコーディネーターが芸能人の結婚式をプロデュースして話題となり、バラエティー番組で注目を集めるようになったのは、そうした流れによるものなのかもしれません。

当初は結婚式場やホテルの担当者が、より踏み込んだ形で結婚式をプロデュースしているという程度のことでしたが、現在は「まずブライダルプランナーありき」という動きも出始め、式場や費用よりも、プランナーで結婚式のスタイルを決めるというカップルも増えてきているのです。

Simplify Wedding Planning with Google for Weddings


こうした中、婚礼業界もプランナーの育成に力を入れると同時に、より優秀なプランナーがその式場やホテルを代表するという傾向も見受けられるようになりました。さらには画一化した結婚式のスタイルに独自のカラーを織込み、既存の式場やホテルのプランナーとは一線を画したプロデュース力を誇るフリーのプランナーが出現して多くの支持を得ており、式場やホテルはそのプランナーを相手に仕事をするということ珍しくなくなってきています。
もはやおざなりの設備や演出では結婚式の価値を高めることが難しくなってきた婚礼業界が、かつての求心力を取り戻すために「人材」に注目し始めているということなのでしょう。