バトル・オブ・ザ・イヤー(ドイツ)について

バトル・オブ・ザ・イヤー(Battle of the Year)は毎年ドイツのブラウンシュヴァイクで開催されているブレイクダンスの世界大会です。ブレイクダンスの三大世界大会のひとつに数えられており、その規模、歴史から言っても大イベントと言えるでしょう。アルファベットの頭文字を取ってBOTY(ボティー)とも呼ばれます。

HIGH SCHOOL STREET DANCE CHAMPIONSHIP -高校ストリートダンス選手権- : DANCE DELIGHT

主旨はブレイクダンスの世界大会という位置づけですが、近年ではそれと同時に、世界規模で行われているヒップホップの祭典としての意味合いを持つようになってきています。招待という扱いとはいえ、ブレイクダンスのみにこだわることなく、ロックダンスやポップダンスといった、ストリートダンス系の中でもヒップホップにカテゴライズされるであろうジャンルに対するアプローチが、大会を重ねるごとに積極的に行われるようになってきました。最近ではダンスというカテゴリーすら超越し、ヒューマンビートボックスやラップといったジャンルによるショーケースが開催されるにいたり、観戦ツアーや各種イベントが並列開催され、よりいっそうお祭ムードが強く前面に出る大会となってきています。

ダンススクール 仙台のコツ

会場は毎年、1万人の観客の収容が可能となるフォルクスワーゲンホールで行われます。もちろん世界的に見ても、これほどの動員数を誇るブレイクダンスイベントは数えるほどしかなく、驚異的な規模とも言えるでしょう。地域との連携や密着度も非常に高く、特に開催都市となるブラウンシュヴァイクの住人にとっては毎年の一大イベントとして定着しているようです。海外からの参加者がまず驚くことは、その時期に道を歩いているだけで「B-boy(B-girl)」であることが尋ねられ、肯定すればバトルが即興で行われて終われば意気投合するなどといったことが日常茶飯事として起きている点でしょう。大会そのものがバトル以外のジャンルに対してもフォーカスしており、ショー的なものの順位設定があるなど、他の大会に見られる凄まじいまでの緊迫感というものよりも、参加者全員でイベントを楽しもうという雰囲気に満ちており、このことが一部の「硬派な」B-boy(B-girl)の大会参加を遠ざける結果ともなっています。

Great Dance Documentaries - Great Documentaries About Dance

ともあれ、ダンスをコミュニケーションツールとして最大限発揮させ、文化、言語、国籍、人種を超えたつながりを実現できているという点において、非常に優れた大会であることは疑いようもありません。