タンパク質の摂取量を上げるより、身体の吸収率を上げろ!

筋トレによって筋肉を肥大させようと考えている人の多くが陥りがちなのが、タンパク質を大量に摂取しようと考える胆略的な筋肉肥大の方法です。筋肉はタンパク質やアミノ酸によって作られていることから、タンパク質を多く摂取することは筋肉にとって悪いことではありません。しかし、より効果的に筋肉を肥大させようと考えているのであれば、タンパク質の摂取量を上げるより、身体のタンパク質吸収率を上げろ!と言いたくなってしまいます。なぜなら、それほど多くのタンパク質を摂取しなかったとしても、身体のタンパク質吸収率が上がるだけで筋肉の肥大をスムーズに行えるようになるからです。

プロテインのサイト

実際に身体の吸収率を上げるためには、いくつかのポイントを押さえることが必要になります。そのポイントの一つが、空腹の限界が来たら食事をすることでしょう。人間の身体はそれほど空腹ではない状態だと、たとえ栄養が不足していても「身体の中にはまだ栄養が残っている」と錯覚をします。そんな時にタンパク質メインの食事とると、身体はそれを吸収しないままに消化して排泄してしまうのです。ですが、空腹を感じていると逆に身体が栄養を渇望し始めますので、かなり吸収率が上がることになります。ですから、タンパク質を摂取するのであれば空腹感のピークであるほど良いと言えるでしょう。

主な製品 | 健康・農業関連事業部門 | 住友化学

そして、さらに身体の吸収率を上げたいのであれば、タンパク質を分解するために必要なサプリメントの活用が考えられます。そのサプリメントとしては、タンパク質の吸収を促進することで知られているビタミンB群はもちろんのこと、タンパク質の分解を助けてくれる酵素などを多く含んだものも取り入れると良いでしょう。

パフォーマンスダンパー - パフォーマンスダンパー | ヤマハ発動機株式会社

これらの方法を行うことによって身体の吸収率を上げられれば、必要以上にタンパク質の摂取量を上げなくても普段の食事から摂れるタンパク質を全体の筋肉に吸収させ、筋肉をより肥大させられると断言できます!